PENICILLINが描いた理想郷!そこには熱狂と興奮が渦巻いていた「Knocking on Utopia」公演レポート!
拡大する(全8枚)
PHOTO: 折田琢矢 TEXT:長澤智典
PENICILLINが描いた理想郷!そこには熱狂と興奮が渦巻...の画像はこちら >>
2021年度パンフレットCD第一弾作品として販売した「Utopia」。同作品へ収録した楽曲。さらに、収録曲たちを盛り立てるに相応しい曲たちを揃える形で行われたのが、11月3日(水祝)に新宿ReNYで催した「Knocking on Utopia」公演。当日の模様を、ここへ紹介したい。 O-JIROの叩くタイトかつハードな高速8ビートのリズムの上に千聖のギターが刻むスラッシュメタルリフビートが重なり、HAKUEIが叫び声を上げるのと同時に、ライブはスタート。攻めた表情を示す豪快なスラッシュナンバー「Mr.Freez」に乗せ、冒頭から観客たちをけしかけるメンバーたち。それまで座っていた観客たちも瞬時に立ち上がり、その場で拳を振り上げだす。破壊力抜群の衝撃。熱狂という理想郷へ観客たちを導いてゆくに相応しいライブ姿をPENICILLINは冒頭から示しだす。
PENICILLINが描いた理想郷!そこには熱狂と興奮が渦巻いていた「Knocking on Utopia」公演レポート!
「この世界の果てへ」と荒らげた声で観客たちを煽るHAKUEI。沸き立つ気持ちへ熱狂を注ぐように突きつけた「SAMURAI BOY」に乗せ、フロア中の人たちが、頭上高く広げた両手をはためかせ、快楽の世界へ向かって彼らと一緒に勢いよく突き進んでいく。続く「Rosetta」でも、荒ぶる演奏と歌声に触れ、魂が熱くたぎりだす。HAKUEIの熱情した歌声に気持ちが煽られる。突き刺すような千聖のギターの音が身体を刺激し、興奮を引き起こす。もっともっと高揚した世界へ溺れ、もっともっと心燃やしながら、現実をすべて吹き飛ばしてしまいたい!! この日のMCで、今回も無事に開催できたことを喜ぶメンバーたち。今もメンバーたちは、最高のライブを作り上げるための日々を送り続けている。だからこそライブを通し、溜まった感情をすべて吐き出してゆく。そのライブが熱くなるのも当然だ。

この記事の画像

「PENICILLINが描いた理想郷!そこには熱狂と興奮が渦巻いていた「Knocking on Utopia」公演レポート!」の画像1 「PENICILLINが描いた理想郷!そこには熱狂と興奮が渦巻いていた「Knocking on Utopia」公演レポート!」の画像2 「PENICILLINが描いた理想郷!そこには熱狂と興奮が渦巻いていた「Knocking on Utopia」公演レポート!」の画像3 「PENICILLINが描いた理想郷!そこには熱狂と興奮が渦巻いていた「Knocking on Utopia」公演レポート!」の画像4
「PENICILLINが描いた理想郷!そこには熱狂と興奮が渦巻いていた「Knocking on Utopia」公演レポート!」の画像5 「PENICILLINが描いた理想郷!そこには熱狂と興奮が渦巻いていた「Knocking on Utopia」公演レポート!」の画像6 「PENICILLINが描いた理想郷!そこには熱狂と興奮が渦巻いていた「Knocking on Utopia」公演レポート!」の画像7 「PENICILLINが描いた理想郷!そこには熱狂と興奮が渦巻いていた「Knocking on Utopia」公演レポート!」の画像8