東出昌大×篠原篤×森義仁監督トークセッション!「5年後10年後に見返しても楽しめる名作になった」

東出昌大×篠原篤×森義仁監督トークセッション!「5年後10年後に見返しても楽しめる名作になった」
拡大する(全4枚)

東出昌大×篠原篤×森義仁監督トークセッション!「5年後10年...の画像はこちら >>

主演に森山未來を迎え、幅広い年齢層に共感されベストセラーとなった燃え殻のデビュー作待望の映画化『ボクたちはみんな大人になれなかった』(シネマート新宿、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほか全国大ヒット公開中&NETFLIX全世界配信中)。SNSでも「今年のベスト確定」「ヤバ。突き刺さったわ」「めっちゃよかった!」などの絶賛のコメントが溢れている。 そして11/28(日)には、公開記念トークイベントがシネマート新宿にて開催された。主人公佐藤の人生に長年関わってくる同僚・関口を演じ、本作では初めてのイベント登壇となる俳優・東出昌大、佐藤の友人でありBarレイニーの七瀬を演じる篠原篤、本作の監督を務める森義仁が登壇。
東出昌大×篠原篤×森義仁監督トークセッション!「5年後10年後に見返しても楽しめる名作になった」
劇場まで足を運んでくれた観客への感謝の言葉で幕を開けたトークイベントでは、Barレイニーのママを演じた篠原に進行が託された。作品について初めて公の場で話す東出は「最初にいただいた企画書に『エンターテイメントでありながら、真の映画好きにも届く作品にしたい』ということが書かれていました。それってすごく難しいことなので、高い目標を掲げているなと思ったんですけど、初号で見たとき、うわっ、これは成功してる!と興奮して監督に感想を伝えたのを覚えています」と初めて映画を見た時の高揚感を振り返った。 劇中で印象に残っているシーンの話題になると、篠原は「関口が非常階段でカロリーメイトを食べるシーンが好きで、ああいうシーンの積み重ねが関口というキャラクターを形作っているんだなと思いました」と熱弁。その一連の演技は実は東出のアドリブだったと明かした森監督に対し、東出は「提案した時、助監督さんが本当に大量のカロリーメイトを買ってきてくれたので、Netflixの予算すごい!って思いました」と撮影時の心境を語り、客席の笑いを誘った。

この記事の画像

「東出昌大×篠原篤×森義仁監督トークセッション!「5年後10年後に見返しても楽しめる名作になった」」の画像1 「東出昌大×篠原篤×森義仁監督トークセッション!「5年後10年後に見返しても楽しめる名作になった」」の画像2 「東出昌大×篠原篤×森義仁監督トークセッション!「5年後10年後に見返しても楽しめる名作になった」」の画像3 「東出昌大×篠原篤×森義仁監督トークセッション!「5年後10年後に見返しても楽しめる名作になった」」の画像4
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク