「SHINPA vol.13」開催&配信! 2021年の映画界を締めくくる奇跡のイベントが実現!

「SHINPA vol.13」開催&配信! 2021年の映画界を締めくくる奇跡のイベントが実現!
拡大する(全2枚)

「SHINPA vol.13」開催&配信! 2021年の映画...の画像はこちら >>

「SHINPA vol.13」が2021年12月12日(日)に開催&配信。 日本映画界の“新しい波=SHINPA(シンパ)”映画監督 二宮健を中心に2014年からスタートした上映イベント SHINPA。東京国際映画祭とのコラボレーションや年越しカウントダウン、また新型コロナウイルスに伴う外出自粛期間には、24名の監督による在宅制作映画の連続配信など、監督主導による運営形態を維持したイベントとして異例の拡がりを見せている。 ラインナップ 2021年『アーク』が公開され、2022年『ある男』が公開待機中の石川慶のSHINPA初参加に始まり、行定勲が母校・熊本県立第二高等学校を舞台に製作した『初恋 第二篇』、柄本佑の初期監督作『記念日』、2022年『Pure Japanese』が公開待機中の松永大司による『On The Way』(CINEMA FIGHTERS project)、前野朋哉による新作短編『ハードタイムス』、本年三作の長編が劇場公開されるなど怒涛の勢いを見せる今泉力哉の『赤青緑』、『よだかの片想い』が公開待機中の安川有果『ミューズ』、主催二宮健による新作撮り下ろし短編を特別上映する。 そして小林達夫による『After Hours/Encore』、ドイツから第23回京都国際学生映画祭・最終審査員賞のジョスカー・ボンガード『Young, Fragile』など、個性的なラインナップが並ぶ全10作品と、SHINPA公式アンバサダーとして松本穂香の登壇も決定。登壇監督トークにより、2021年の映画界を締めくくる奇跡のイベントが実現した。※監督・キャストによる登壇トークも開。登壇者情報は、随時公式HPで更新

この記事の画像

「「SHINPA vol.13」開催&配信! 2021年の映画界を締めくくる奇跡のイベントが実現!」の画像1 「「SHINPA vol.13」開催&配信! 2021年の映画界を締めくくる奇跡のイベントが実現!」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク