「Merry Xmas! トム・ハンクス映画祭」クリスマスに開催決定!

「Merry Xmas! トム・ハンクス映画祭」クリスマスに開催決定!
拡大する(全1枚)

「Merry Xmas! トム・ハンクス映画祭」クリスマスに...の画像はこちら >>

アメリカを代表する俳優、トム・ハンクス。彼はスクリーンデビューした1980年から今日にいたるまで、たくさんの作品に携わってきた。そんなトムの経歴を4つに区分し、各年代ごとの代表作を上映するイベント「Merry Xmas! トム・ハンクス映画祭」を開催。 80年代を代表して『スプラッシュ』、90年代を代表して『プリティ・リーグ』、00年代を代表して『ポーラー・エクスプレス』、10年代を代表して『幸せへのまわり道』 以上の4作品を上映。さらに今回の映画祭はクリスマスの時期に行うため、クリスマスに観たい、クリスマスにぴったりなラインナップ。上映に合わせて、会場ではZINE「トム・ハンクス ファンブック」を販売予定。トム・ハンクスの歩みを、スクリーンで鑑賞できるまたとない機会だ。

『スプラッシュ』

ロン・ハワード ・1984年・アメリカ・109分 幼い頃、遊覧船から海を見つめていたアレン(トム・ハンクス)は、水の中に心惹かれるものを感じ、海に飛び込む。そこにいたのは人魚だった。手を取り惹かれ合う2人だったがアレンは救助され、彼女を忘れてしまう。数10年後、ひょんなことから海で溺れたアレンは、再び同じ人魚に助けられる。アレンが落とした財布を頼りに、人魚は人間のふりをして街に出向き、アレンと共に暮らすようになる。幸せな毎日を送る2人だったが、人魚を目撃した海洋学者が忍び寄り、彼女の正体を暴こうとしていた……。トム・ハンクスが世に知られるきっかけとなった作品。まだ初々しさの残るトム・ハンクスのお芝居が印象的。ここからどのような道のりを経て、アメリカを代表する俳優になったのか発見していきたい。※上映はBlu-rayでの上映。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク