日本公開決定の映画『シラノ』、ザ・ナショナルのデスナー兄弟が手掛けたサントラ配信スタート。日本盤のリリースも!

日本公開決定の映画『シラノ』、ザ・ナショナルのデスナー兄弟が手掛けたサントラ配信スタート。日本盤のリリースも!
拡大する(全2枚)

日本公開決定の映画『シラノ』、ザ・ナショナルのデスナー兄弟が...の画像はこちら >>

ピーター・ディンクレイジ主演、ジョー・ライト監督で、先日予告編が公開されたミュージカル映画『シラノ』。2022年2月25日に日本公開が決定した期待の作品だが、サウンドトラックの配信が本日からスタート。また、日本公開日の2月25日に国内盤がリリースされることも決定した。 本作の音楽は米国を代表するロック・バンドであるザ・ナショナルのブライス・デスナーとアーロン・デスナーの兄弟が担当。作詞で同バンドのフロントマンであるマット・バーニンガー、そして作曲家のカリン・ベッサーも参加している。録音はアビイ・ロード・スタジオで行われ、映画の美やロマンス、そしてむき出しの感情といった要素を強調することに成功している。さらに映画のエンド・クレジットでフィーチャーされている楽曲「サムバディ・デスパレート」はザ・ナショナルとして作曲・演奏された完全な新曲となっている。
日本公開決定の映画『シラノ』、ザ・ナショナルのデスナー兄弟が手掛けたサントラ配信スタート。日本盤のリリースも!
サウンドトラックには、主演のピーター・ディンクレイジ、ヘイリー・ベネット、ケルヴィン・ハリソン・Jr、グレン・ハンサードといったキャストによる歌唱もフィーチャーされており、また演奏もロンドン・コンテンポラリー・オーケストラやピアニストのヴィキングル・オラフソンといった豪華な布陣となっている。特にヴィキングル・オラフソンはサウンドトラックの大部分に参加し、「セイイング・グッドバイ」という楽曲ではソロ・ピアノを披露するなど大きくフィーチャーされており、映画ファンやミュージカル・ファンのみならずクラシック・ファンにとっても注目の内容だ。

※Photo credit: Peter Mountain, © 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

この記事の画像

「日本公開決定の映画『シラノ』、ザ・ナショナルのデスナー兄弟が手掛けたサントラ配信スタート。日本盤のリリースも!」の画像1 「日本公開決定の映画『シラノ』、ザ・ナショナルのデスナー兄弟が手掛けたサントラ配信スタート。日本盤のリリースも!」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク