音楽×怪談の未だかつてないお通夜 『松原タニシ ライブ通夜―(ライブツヤー)』アーカイブ視聴可能!

音楽×怪談の未だかつてないお通夜 『松原タニシ ライブ通夜―(ライブツヤー)』アーカイブ視聴可能!
拡大する(全1枚)

音楽×怪談の未だかつてないお通夜 『松原タニシ ライブ通夜―...の画像はこちら >>

有限会社ちゅるんカンパニーは、松竹芸能株式会社主催による、事故物件住みます芸人・松原タニシ主演「松原タニシ ライブ通夜―2021」を12月6日(月)に大阪 BIGCATで開催。 本イベントは、「2021年に命を失うかもしれない」との警告を受けた松原タニシが自ら喪主となり「ラストイヤー」となる自らを追悼するお通夜型イベント。タニシ自身の39年の人生を3つの時代に分け、3名の怪談師が各時代を「怪談風」に語り、また各時代のタニシの心象風景をthe band apartが珠玉の名曲で表現。怪談と音楽でタニシの人生を追想する「ライブエンターテインメントお通夜」。 グッズ付きのS席¥7,777は先行予約で完売。通常の前売り券も事前に完売し、会場は超満員。また急遽決定した有料配信チケットも売れ行き好調で、会場、配信とも大きく盛り上がりました。配信映像は12月12日(日)までアーカイブで視聴可能。 本イベントに続いて12月31日(金)にクリエイティブセンター大阪で開催されるカウントダウンイベント「松原タニシのおそうしき」の先行チケット(¥9,999)が「ライブ通夜」にて先行発売されたが、販売開始5分で完売。期待の高さが窺える結果に。 「松原タニシ ラストイヤー・プロジェクト」とは 松原タニシが2016年に集合写真を撮影した際、彼の顔だけが真っ黒に写るという現象が発生。その写真を目にしたある僧侶に「5年後に命を失うかもしれない」という“顔黒の警告”と呼ばれる予言を受ける。この理不尽な予言に示された「命を失う年」にあたる今年、2021年。残る最後の2ヶ月を生き抜く為に、ファンも応援できる“ポジティブな終活”として、「ライブ通夜ー2021」「カウントダウンおそうしき」といった、ラストイヤーにちなんだイベントやコンテンツを続々と発信。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク