『偶然と想像』濱口⻯介(監督)- 不確かな偶然が、人生を大きく静かに揺り動かす、魔法のような3つのストーリー!

『偶然と想像』濱口⻯介(監督)- 不確かな偶然が、人生を大きく静かに揺り動かす、魔法のような3つのストーリー!
拡大する(全3枚)

エリック・ロメールにとっての短編映画の重要性

──監督が今作を撮るきっかけになったのは、エリック・ロメールの編集を長年やっていたマリー・ステファンさんとパリで出会ったことなんですね。 濱口:もともと短編映画を作るのは好きでしたが、それをどう世に出せばいいかというアイデアがなかなか浮かばず、作りたいけど作れないという状態でした。マリー・ステファンさんとお会いした時に、ロメール監督にとって短編映画を撮ることは、長編を撮る上で非常に大きな役割を果たしていたというお話を伺いました。確かにロメールのオムニバス映画『パリのランデブー』のようなやり方もあるのかと。小さいチームでやることは経済的でもあるし、創作のリズムを作るためにもすごくいい方法でもあるなと思い、実際、マリー・ステファンさんから「あなたも撮りなさいよ」とはっぱをかけられたこともあって、「よし、やろう」と決めました。 ──現在公開中の『ドライブ・マイ・カー』は3時間の大作ですが、ほぼ同時期に長編と短編を撮っていたということに驚きました。 濱口:『ドライブ・マイ・カー』はこれまで体験したことのない規模のプロジェクトだったので、そのための準備をする必要もありました。監督としては『寝ても覚めても』(2018年公開)以来なので、自分の勘を取り戻すためにもやっておこうと。 ──村上春樹さんは、長編小説を書くのとは別に「実験の場として」短編小説を書くことが大切だとおっしゃってますが、濱口監督にとっての短編映画もそういう位置付けですか?

この記事の画像

「『偶然と想像』濱口⻯介(監督)- 不確かな偶然が、人生を大きく静かに揺り動かす、魔法のような3つのストーリー!」の画像1 「『偶然と想像』濱口⻯介(監督)- 不確かな偶然が、人生を大きく静かに揺り動かす、魔法のような3つのストーリー!」の画像2 「『偶然と想像』濱口⻯介(監督)- 不確かな偶然が、人生を大きく静かに揺り動かす、魔法のような3つのストーリー!」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Rooftopの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク