お笑い芸人ほしのディスコ、寺岡呼人プロデュースでメジャーデビュー決定! 3オクターブのハートフルボイスでYouTube動画再生回数は累計2500万回超え、星野一成(本名)でボーカリストデビュー!
拡大する(全1枚)
マセキ芸能社に所属する男女お笑いコンビ「パーパー」のひとりであるほしのディスコは、キングオブコント2017ファイナリストであり、2020年のR-1ぐらんぷりで初の決勝進出など活躍を続ける中、最近では、数々のバラエティ番組の歌うま芸人選手権などで人気を博し、YouTubeのほしのディスコちゃんねるチャンネルは登録者数 20万人を超え、累積再生回数が2500万回となるなど、ボーカリストとして注目を集めていた。 今回、2021年テレビ番組の『教えてもらう前と後』(MBS / TBS)の特番『決定!歌うま芸人No.1★プロ選ぶ最強BEST10』で審査員だった音楽プロデューサーで、ゆず等も手掛けた寺岡呼人がほしのディスコに100点をつけたのがきっかけで、その後、番組内でほしのディスコからも寺岡への熱望コメントが届けられるなどその後の展開が注目されていた。 番組自体は終了となったが、関係者を通じて対面しその場で「デモテープを作ろう」と寺岡呼人から告げられ2人は楽曲制作に入る。今回4月27日に配信デビューとなる楽曲は、パーパーのネタにもあるような女性に振り回される男性の心情を歌った失恋ソングとなっており、タイトルは、「いとしの悪魔ちゃん」。 ♪僕はきっと呪われてしまった 君という名の悪魔の仕業だ 忘れたいけど 忘れられない あんなフラれ方されたら♪ と、それでも忘れられない切なく泣けるエモ楽曲となっている。 実際にあった話しを再構築して歌にしていく制作スタイルは寺岡呼人プロデュースの真骨頂であり、過去には