2022.4.5 TK from 凛として時雨 feedback from@TOKYO DOME CITY HALL
拡大する(全9枚)
4月5日、TK from 凛として時雨がワンマンライブ『feedback from』をTOKYO DOME CITY HALLで開催した。昨年ソロデビュー10周年を記念したベストアルバム『egomaniac feedback』をリリースした以降も、TVアニメ『東京喰種』のテーマ曲として海外人気も高い“unravel”のSpotifyでの再生回数が2億回を突破し、さらに3月にはB’zの稲葉浩志をゲストボーカルに迎えたシングル『As long as I love / Scratch(with 稲葉浩志)』を発表と、話題に事欠かない中で行なわれたこの日のライブは一連のタームを締め括るものであり、“Scratch”の歌詞のように、観るものに深い傷跡を残すようなライブとなった。

2022.4.5 TK from 凛として時雨 feedba...の画像はこちら >>

開演時刻を過ぎるとSEが流れ出し、天井から吊るされた大小の短冊形の紗幕に映像が投影され、サポートメンバーの吉田一郎不可触世界(ベース)、須原杏(ヴァイオリン、シンセサイザー)、和久井沙良(ピアノ)、BOBO(ドラム)とともにTKがステージに姿を現すと、一曲目に披露されたのはいきなりの“As long as I love”。歌とギターのユニゾンによるイントロから始まり、同期で流される稲葉の歌声と生のTKの歌声がヘヴィなバンド演奏のなかで折り重なっていく様は実にスリリングだ。先日TVの音楽番組でB’zの“BAD COMMUNICATION”をカバーし、そのハイトーンボイスとテクニカルなギタープレイで「一人B’z」と話題を呼んだが、そのスキルはあらためて驚異的である。

この記事の画像

「2022.4.5 TK from 凛として時雨 feedback from@TOKYO DOME CITY HALL」の画像1 「2022.4.5 TK from 凛として時雨 feedback from@TOKYO DOME CITY HALL」の画像2 「2022.4.5 TK from 凛として時雨 feedback from@TOKYO DOME CITY HALL」の画像3 「2022.4.5 TK from 凛として時雨 feedback from@TOKYO DOME CITY HALL」の画像4
「2022.4.5 TK from 凛として時雨 feedback from@TOKYO DOME CITY HALL」の画像5 「2022.4.5 TK from 凛として時雨 feedback from@TOKYO DOME CITY HALL」の画像6 「2022.4.5 TK from 凛として時雨 feedback from@TOKYO DOME CITY HALL」の画像7 「2022.4.5 TK from 凛として時雨 feedback from@TOKYO DOME CITY HALL」の画像8
「2022.4.5 TK from 凛として時雨 feedback from@TOKYO DOME CITY HALL」の画像9