W主演:広瀬すず・松坂桃李×監督:李相日『流浪の月』、気鋭の音楽家・原摩利彦によるオリジナル・サウンドトラック盤が発売決定!
拡大する(全2枚)

W主演:広瀬すず・松坂桃李×監督:李相日『流浪の月』、気鋭の...の画像はこちら >>

広瀬すずと松坂桃李をダブル主演に迎えた李相日監督最新映画『流浪の月』が、5月13日(金)に全国公開。 実力と人気を兼ね備えた俳優・広瀬すずと松坂桃李の2人が紡ぐ物語は、2020年本屋大賞を受賞し、同年の年間ベストセラー1位(日販単行本フィクション部門、トーハン単行本文芸書部門)に輝いた凪良ゆうによる傑作小説が原作。10歳の時に誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かない さらさ)を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文(さえき ふみ)を松坂が演じる。 また、事件から15年経った現在の更紗の恋人・亮に横浜流星、文に寄り添う看護師・谷あゆみに多部未華子、加えて、趣里、三浦貴大、白鳥玉季(子役)、増田光桜(子役)、内田也哉子、柄本明ら、豪華共演陣が名を連ねる。 2人の限りなく稀有な関係性をスクリーンに描き出すのは、デビュー以来そのエモーショナルで骨太な作風で観客の心を鷲掴みにしてきた『悪人』『怒り』の李相日(リ・サンイル)監督。 また、『パラサイト 半地下の家族』『バーニング 劇場版』『哭声/コクソン』『母なる証明』など、韓国映画史に残る作品を次々手がけてきた伝説の撮影監督ホン・ギョンピョ、『キル・ビル Vol.1』『ヘイトフル・エイト』『三度目の殺人』など、世界を股にかけて活躍する美術・種田陽平ら、国境を越えた才能が集結した。 ホン・ギョンピョによる美しい映像とともに、試写開始後から大評判となっているのが、本作の音楽。手がけているのは、『贋作 桜の森の満開の下』(2018)や『フェイクスピア』(2021)などのNODA・MAPの音楽、第32回夏季オリンピックの開会式における森山未來のダンスパフォーマンスへの楽曲提供などで知られる気鋭の音楽家・原摩利彦。 これまで、久石譲『悪人』(2010)、岩代太郎『許されざる者』(2013)、坂本龍一『怒り』(2016)など名だたる音楽家たちとともに映画の旋律を紡いできた李相日をして、

この記事の画像

「W主演:広瀬すず・松坂桃李×監督:李相日『流浪の月』、気鋭の音楽家・原摩利彦によるオリジナル・サウンドトラック盤が発売決定!」の画像1 「W主演:広瀬すず・松坂桃李×監督:李相日『流浪の月』、気鋭の音楽家・原摩利彦によるオリジナル・サウンドトラック盤が発売決定!」の画像2