石川さゆり、50周年を彩る新作アルバム『X -Cross Ⅳ-』のジャケットはクリエイティブ・ディレクター箭内道彦 率いる東京藝術大学美術学部デザイン科 第2研究室学生らとのコラボ!
拡大する(全2枚)

石川さゆり、50周年を彩る新作アルバム『X -Cross Ⅳ...の画像はこちら >>

今年3月25日にデビュー50周年を迎えた石川さゆりのデビュー50周年記念アルバム第1弾『X –Cross Ⅳ-』 (読み:クロス フォー)が5月18日にリリースされる。 『X』シリーズはジャンルの垣根を越えたアーティストとの新たな出逢いが毎回大きな話題を呼び、今作で4枚目のリリースとなる。 楽曲から始まり、ジャケットまでを“X(クロス)する”『X』シリーズ。これまで「ジョジョの奇妙な冒険」の荒木飛呂彦(『X -Cross-』)、『科学忍者隊ガッチャマン』や『タイムボカン』シリーズ、『ファイナルファンタジー』シリーズの天野喜孝(『X -CrossII-』)、ベルリン発ストリートアーティストのEL BOCHO(エルボッチョ)(『X -CrossⅢ-』)という世界をまたにかけるアーティストらとのコラボレーションでたびたび話題となった。

石川さゆり、50周年を彩る新作アルバム『X -Cross Ⅳ-』のジャケットはクリエイティブ・ディレクター箭内道彦 率いる東京藝術大学美術学部デザイン科 第2研究室学生らとのコラボ!

待望の今作はクリエイティブ・ディレクター箭内道彦が率いる東京藝術大学美術学部デザイン科 第2研究室の学生らとのコラボレーションジャケットが完成。 50周年のスタートと共に発表された箭内道彦研究室の学生らとのデザインプロジェクトは、石川の50周年のサイドストーリーを無限の可能性を秘めた才能を持つ学生たちと共に創り上げていきたいという思いから始まったプロジェクト。今作は、石川が音楽に耳を傾けている様子が描かれた一枚。デザインを手掛けた新海友樹子は「様々なジャンルが交わるイメージを絵具やクレヨンを用いてカラフルに表現しました」と語った。 もちろん、楽曲の“X”も見逃せない。今作は“大人なX”をコンセプトに制作。すでに3月25日に先行リリースした

この記事の画像

「石川さゆり、50周年を彩る新作アルバム『X -Cross Ⅳ-』のジャケットはクリエイティブ・ディレクター箭内道彦 率いる東京藝術大学美術学部デザイン科 第2研究室学生らとのコラボ!」の画像1 「石川さゆり、50周年を彩る新作アルバム『X -Cross Ⅳ-』のジャケットはクリエイティブ・ディレクター箭内道彦 率いる東京藝術大学美術学部デザイン科 第2研究室学生らとのコラボ!」の画像2