沢田研二の主演映画『土を喰らう十二ヵ月』、11月11日(金)公開決定! 五感を刺激する特報&メインビジュアル解禁
拡大する(全2枚)
沢田研二の主演映画『土を喰らう十二ヵ月』(中江裕司監督作品)の公開初日が11月11日(金)に決定、合わせて特報とメインビジュアルが公開された。 「いい男ね~」と思わずこぼれた真知子(松たか子)の一言から始まる特報には、土井善晴が手掛ける料理が登場。四季を通じて撮影した本作らしく、ツトム(沢田研二)と真知子が、二人で春を感じる若竹煮をほおばる。 特報とメインビジュアルで表現するのは、「喰らうは生きる 食べるは愛する いっしょのご飯が いちばんうまい」という本作の本質。「いただきます」と手を合わせ、四季の恵みに感謝し、出来立ての料理をいただく。その一連の流れを特報同様、メインビジュアルでも表現するために、本作ではポスターとチラシの絵柄をかえ、2パターンのビジュアルを展開するという新しい形を打ち出しているという。
土井善晴が手掛けたツトムの日々の食事(ほうれん草の胡麻和えの膳、お粥の膳)と、四季と暮らしの風景を合わせて、デザインしている。

沢田研二の主演映画『土を喰らう十二ヵ月』、11月11日(金)...の画像はこちら >>
沢田研二の主演映画『土を喰らう十二ヵ月』、11月11日(金)公開決定! 五感を刺激する特報&メインビジュアル解禁

▲上からポスター、チラシ また、特報でも使用されている全編に流れるジャズは、『花束みたいな恋をした』などの大友良英が担当し、本作に軽やかなリズムを加えている。 メインビジュアルの中央、存在感のあるタイトル題字は、型染作家の山内武志が担当。型を作り和紙に染める手法で本作の世界観を表現している。

この記事の画像

「沢田研二の主演映画『土を喰らう十二ヵ月』、11月11日(金)公開決定! 五感を刺激する特報&メインビジュアル解禁」の画像1 「沢田研二の主演映画『土を喰らう十二ヵ月』、11月11日(金)公開決定! 五感を刺激する特報&メインビジュアル解禁」の画像2