日本を代表するファンク・ベーシスト"ROOT SOUL"、セカンド・アルバム『FREAKY POWER』をCD&デジタルリリース! 世界的天才ベーシスト、ビル・ラズウェルからのコメントが到着
拡大する(全2枚)
日本を代表するファンク・ベーシストROOT SOULが、2022年6月1日にフルアルバム『FREAKY POWER』をCD・デジタルでリリースする。 13年ぶりにリリースとなるROOT SOULのニュー・アルバムは、ファンク、ソウル、ディスコ、ブギー、ジャズ、ロック、アフロを融合したエモーショナルでオーガニックなハイブリッド・サウンド。USのボーカリスト、Erik Ricoを2曲にフィーチャーし、1stアルバムにも起用されたUKのボーカリスト Andrea Clarkeも再びその名を連ねている。 ライブを前提にした骨太なグルーヴ、高揚感溢れるホーン・アレンジ、近未来的なシンセサイザーの導入、さらにはブギーでスラッピーなベース・ラインを随所に散りばめるなど、21世紀型のファンキー・ミュージックが完成した。

日本を代表するファンク・ベーシスト"ROOT SOUL"、セ...の画像はこちら >>

参加ミュージシャンは、Kyoto Jazz Sextetのメンバーで、SOIL & “PIMP” SESSIONSのサポートで知られる栗原健、Central / VenueVincentの西岡ヒデロー、A Hudred Birdsのタケウチ・カズタケ、オーサカ=モノレールの木村創生ほか。アート・ワークは世界中からオファーが絶えない青山トキオが担当。 また今作のリリースについて、ハービー・ハンコック、ミック・ジャガー、ピーター・ガブリエルなどのプロデューサーとしても知られる天才ベーシスト、ビル・ラズウェルからのコメントが到着した。

この記事の画像

「日本を代表するファンク・ベーシスト"ROOT SOUL"、セカンド・アルバム『FREAKY POWER』をCD&デジタルリリース! 世界的天才ベーシスト、ビル・ラズウェルからのコメントが到着」の画像1 「日本を代表するファンク・ベーシスト"ROOT SOUL"、セカンド・アルバム『FREAKY POWER』をCD&デジタルリリース! 世界的天才ベーシスト、ビル・ラズウェルからのコメントが到着」の画像2