KEYTALK、バンド初期にリリースしていたコンセプトEPの続編『KTEP4』を本日配信リリース!
拡大する(全2枚)

KEYTALK、バンド初期にリリースしていたコンセプトEPの...の画像はこちら >>

下北沢発4人組ロックバンド、KEYTALKが、バンド初期にリリースしていたコンセプトEP『KTEP』シリーズの第4弾『KTEP4』を本日配信リリースした。 今作はインディーズ時代に回帰した全曲セルフプロデュース、さらにメンバー4人がそれぞれ作詞・作曲を担当した新曲4曲を収録。

KEYTALK、バンド初期にリリースしていたコンセプトEPの続編『KTEP4』を本日配信リリース!

そしてリリース直後の6月2日から約3カ月半かけたワンマンツアー『KEYTALK 15th Anniversary Tour「津々浦々夏の陣~鳴けぬなら、踊りたまえ、ホトトギス~」』が開催(KEYTALK史上最大規模となる全国47カ所49公演)。 今作『KTEP4』は、配信リリースと合わせて「ツアー会場限定盤CD」が発売。 CD盤『KTEP4』にのみ、上述の4曲に加えてメンバー4人で共作した新曲1曲が収録される。 4人共作の楽曲はKEYTALK史上初となり、2015年に行なった初の日本武道館公演を冠した楽曲タイトルには、当時から現在に至るまでの4人の想いが込められている。 バンド初期から続くコンセプトEP『KTEP4』を提げていよいよ始まる全国ワンマンツアー。その先となる2023年3月には、メジャーデビュー10周年を冠した日本武道館ワンマンライブを開催する。

この記事の画像

「KEYTALK、バンド初期にリリースしていたコンセプトEPの続編『KTEP4』を本日配信リリース!」の画像1 「KEYTALK、バンド初期にリリースしていたコンセプトEPの続編『KTEP4』を本日配信リリース!」の画像2