GLIM SPANKY、約2年ぶりとなるアルバム『Into The Time Hole』8月3日発売決定! 11月から10都市11公演となる全国ツアー『Into The Time Hole Tour 2022』開催決定!
拡大する(全1枚)
本日、5月28日(土)に『GLIM SPANKY 野音ライブ 2022』を日比谷野外大音楽堂で開催したGLIM SPANKY。ステージ上からメンバー自身が発表し、約2年ぶりとなるアルバム『Into The Time Hole』を8月3日(水)にリリースすることが決定した。 『Into The Time Hole』というタイトルには、音楽のタイムホールの中にいるような、時間が止まった感覚に陥るくらい夢中にさせる、という自信が込められたアルバム。 GLIM SPANKYの代名詞であるロックミュージックを、様々な角度から表現することに挑戦した今作。打ち込みサウンドを存分に融合させ、更なる迫力を増したサウンドは“挑戦”が詰まった作品だ。 現在放送中で話題を集める、サントリーウイスキー『角瓶』TVCM楽曲「ウイスキーが、お好きでしょ」(カバー曲)をはじめ、新曲8曲を含む、全11曲収録予定。リード曲「シグナルはいらない」は、ギターリフがインパクトのある強気なヘヴィロック曲となっており、ライブの定番曲になること間違いなし。トランペットとストリングスアレンジが響くミディアムバラード「形ないもの」を始め、ブレることないロックに打ち込みサウンドを融合し、新たなGLIM SPANKYの境地が窺える。 さらには既発曲である、メンバーが長野県出身という繋がりで実現した、abn長野朝日放送開局30周年テーマソングとなった「風は呼んでいる」と、