世界の作品に触れよう。恵比寿映像祭「惑星で会いましょう 」

2月27日(金)~3月8日(日)に行われる第7回恵比寿映像祭。

「恵比寿映像祭」(えびすえいぞうさい)を略し、「エビゾー」の名前で親しまれています。映像を軸に、展示・上映・ライブ・イベントなど多彩なプログラムで、世界から集められた作品に触れることができます。


第7回となる今回は「惑星で会いましょう」をテーマに、複雑な現代に向き合い再発見する手がかりを探ります。多数ある展示の中から、一部の作品をご紹介しましょう。


世界の作品に触れよう。恵比寿映像祭「惑星で会いましょう 」

[パヴェウ・アルトハメル《共同作業》2009]参考図版Courtesy of the artist, Foksal Gallery Foundation, Warsaw, Open Art Projects, Warsaw and neugerriemschneider, Berlin

「エビゾー」の見どころの一つは、世界中の映像作家の作品に触れられるということ。国際的に注目を集めるポーランド人作家パヴェウ・アルハトメルの作品は、金色の衣装を身につけた本人や家族、隣人たちが出演し、あからさまに外来者の立場をとりながら旅します。


世界の作品に触れよう。恵比寿映像祭「惑星で会いましょう 」

瀬田なつき《5windows》2011-2012

日本からも多数のアーティストが出展します。新進映画監督である瀬田なつきの『5windows』は、横浜の黄金町で撮影された5つの短編からなる物語。異なった場所で上映され、場所を巡りながら体験する新しい試みです。恵比寿で新しく製作された新作2本を加え、恵比寿特別編として展示します。断片を生きる主人公ひとりひとりの視線がとらえた、小さな「あの日、14時50分」の物語が重なり合い、もうひとつの物語が生まれる作品です。


あわせて読みたい

roomieの記事をもっと見る 2015年2月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。