フォルクスワーゲンの「ビートル」を、1167個のLEGOで作ってみた

かのアドルフ・ヒトラーが発案したとされるフォルクスワーゲンの「ビートル」は、日本でも「かぶとむし」の名で知られる大衆車です。

現行の「ニュービートル」や「ザ・ビートル」もカワイイですけど、やっぱり「タイプ1」が好き。


四輪乗用車の歴史における単一モデルの最多量産記録を保持していることからも、長い間世界中で愛されているのが分かります。


でも実車を持つほど余裕がない……そんな方はこちらで気分を上げてみてはいかがでしょう?



1167個ものLEGOピースでできたフォルクスワーゲン「ビートル」です。


しかもサーファーがテーマ。



全高280mm、全長250mm、全幅100mm。ドアやトランクは開閉可能となっていて、ルーフトップも取り外しができるこだわりっぷり。それにシートも可動式なんです。



フード内に収められた空冷4気筒エンジンや……



スペアタイヤ……細か!



窓に貼られたステッカーやナンバープレートなど、「そこまでこだわりますぅ!?」という仕様になっています。



ちなみにいまAmazonで購入すると、ビートルに連結可能なトレーラーとベスパがセットに!


もちろんこちらもLEGO。


動画を見る


日本のAmazonでは7月25日から発売予定。ただいまのようです!


以前LEGOからリリースされた「ビートル」は、プレミア価格で取引されているとかいないとか……ビートルファンならずともマストバイ! となりそうな逸品ですね。



[Amazon]



フォルクスワーゲンの「ビートル」を、1167個のLEGOで作ってみた


27,000円




あわせて読みたい

roomieの記事をもっと見る 2016年7月9日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら