ギークアウトドアマンに人気のイエティとハイドロフラスク。缶クーラーはどっちが優秀?|アウトドアな家暮らし

持ちやすさはハイドロフラスクの勝ち

両ブランドとも、表面は手が濡れていても滑りにくい加工が施されています。


ただし、真空断熱構造の厚みが異なり、本体をぐるっと一周した長さはハイドロフラスクの場合23.6センチ、イエティは25.4センチ。


手が小さい私は円周が小さいハイドロフラスクのほうが持ちやすいです。



重さはハイドロフラスクは約187グラム(6.6オンス)※、イエティは約238グラム(8.4オンス)で、携帯性はハイドロフラスクのほうがよさそうです。


※ハイドロフラスク公式サイトの情報では、重量272g。


氷はどっちが長持ち?

両方のタンブラーに氷を入れて、3時間後どれだけ溶けたか調べてみると……




若干ではありますが、イエティのほうが水になっている量が少なく、保冷効果は高いようです。


ちなみに素材はどちらも、耐久性・耐錆性に優れた18/8ステンレススティールでできています。


汎用性は……

イエティはカバー部分に凹みがあり、グラスとしては使用しにくいのですが、ハイドロフラスクはシリコンカバーを取ればグラスとしても使えます。



私は焼酎をロックで飲みますが、ハイドロフラスクのカップクーラーを使うと氷が溶けにくいので焼酎グラスとしても優秀!


総合的には……

私はハイドロフラスクのほうが手になじみ使いやすいのですが、ギークなアウトドアマンにはイエティのほうが保温・保冷性が高く好まれそう。


デザイン的にはハイドロフラスクは女性向き、イエティは男性向きのような気がします。


とはいえ、両ブランドとも保冷性はバッチリで、冷蔵庫からビールを出してコレに入れれば、1時間はキンキンに冷えたビールが堪能できます。


夏場、野外だけでなく家でのビールの保冷にも最適。猛暑が続く夏には欠かせないアイテムになりそうです。


12 oz Cooler Cup[ハイドロフラスク]

RAMBLER COLSTER[イエティ]


あわせて読みたい

気になるキーワード

roomieの記事をもっと見る 2019年8月15日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「インテリア」のニュース

次に読みたい関連記事「インテリア」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「DIY」のニュース

次に読みたい関連記事「DIY」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スポーツ」のニュース

次に読みたい関連記事「スポーツ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら