smadan

クレジットカードのセキュリティコードは決済時になぜ必要なのか

すでに発行されたクレジットカードは世界中に50億枚、100億枚ともいわれています。これら発行済みのカードをすべて入れ替えるのは物理的に非常に困難。ゆえに、クレジットカードの基本構造が50年以上前から変わっていません。その脆弱性をカバーするのがカード決済でのセキュリティコード入力なのです。

クレジットカードのセキュリティコードは決済時になぜ必要なのか


カード裏面のセキュリティコード

クレジットカードの基本構造の古さゆえの脆弱性をソフトなどの運用面でカバーしています。カード会社は詐欺を防ぐために、さまざまな対策をしており、そのおかげでクレジットカード詐欺の規模が縮小しているのは確かです。

そんなカード会社の対策の1つが、ユーザー管理。カード会社には、買い物をする場所・購入品・地域・頻度などのデータを日々蓄積しています。そして、イレギュラーな行動があるとカード会社は不正使用を疑います。

しかし、クレジットカードからデータを読み取る「スキミング」で作られたカードや、「クレジットカードマスター」の正しい規則性で生成された架空のカード番号は、実在するカード情報なので、これ自体を本物か偽物かを区別することはできません。

そこでカード会社は、とても簡単なセキユリティを思い付きました。それがクレジットカードの裏面に書かれている「セキュリティコード」です。カードの裏面には、3ケタもしくは4ケタの番号が印刷されています。


セキュリティコードはデータにない

セキュリティコードは、クレジットカードの中にデータとして存在しないの番号。スキミングでは盗めませんし、クレジットカードマスターでも生成不可能です。クレジット決算時にセキュリティコードを入力させることでカードの真偽を判定でき、不正生成されたカードの大半を締め出すことに成功しています。


あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月20日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。