月例セキュリティ情報10件を公開、最大深刻度「緊急」は2件(日本マイクロソフト)

月例セキュリティ情報10件を公開、最大深刻度「緊急」は2件(日本マイクロソフト)
日本マイクロソフトによる情報
日本マイクロソフト株式会社は5月15日、2013年5月のセキュリティ情報を公開した。公開されたセキュリティ情報は事前通知通り10件で、最大深刻度「緊急」が2件、「重要」が8件となっている。内容は以下の通り(深刻度順)。

「緊急」
MS13-037:Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム(2829530)要再起動
MS13-038:Internet Explorer 用のセキュリティ更新プログラム(2847204)再起動が必要な場合あり

「重要」
MS13-039:HTTP.sys の脆弱性により、サービス拒否が起こる(2829254)要再起動
MS13-040:.NET Framework の脆弱性により、なりすましが行われる(2836440)再起動が必要な場合あり
MS13-041:Lync の脆弱性により、リモートでコードが実行される(2834695)再起動が必要な場合あり
MS13-042:Microsoft Publisher の脆弱性により、リモートでコードが実行される(2830397)再起動が必要な場合あり
MS13-043:Microsoft Word の脆弱性により、リモートでコードが実行される(2830399)再起動が必要な場合あり
MS13-044:Microsoft Visio の脆弱性により、情報漏えいが起こる(2834692)再起動が必要な場合あり

あわせて読みたい

気になるキーワード

ScanNetSecurityの記事をもっと見る 2013年5月15日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「セキュリティ」のニュース

次に読みたい関連記事「セキュリティ」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。