「CourseMill LMS」に複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)

「CourseMill LMS」に複数の脆弱性、アップデートを呼びかけ(JVN)
「CourseMill LMS」の公式サイト
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月2日、Trivantis Corporation社が提供するe-ラーニングソフトウェア「CourseMill LMS(Learning Management System)」に複数の脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

「CourseMill LMS 6.6」および「CourseMill LMS 6.8」には、SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティング(XSS)、クロスサイトリクエストフォージェリ(CSRF)など複数の脆弱性が存在する。この脆弱性が悪用されると、リモートの攻撃者に情報を取得されたり権限を昇格される可能性がある。JVNでは、開発者が提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。

元の記事を読む

あわせて読みたい

ScanNetSecurityの記事をもっと見る 2013年9月3日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら