Google Playを模倣したサードパーティのアプリストアに注意(トレンドマイクロ)

Google Playを模倣したサードパーティのアプリストアに注意(トレンドマイクロ)
トレンドマイクロ株式会社は2月19日、「Flappy Bird」の不正アプリとサードパーティのアプリストアの危険性について同社ブログで紹介している。同社では2月上旬に、ゲームアプリ「Flappy Bird」削除後に偽アプリが確認されたことを同ブログ上で報告しているが、この背景を調査する過程で、同じように危険性の高いモバイルアプリを作成および配信している複数のサードパーティのアプリストアを確認したという。

問題のサードパーティのアプリストアは、いずれもベトナムのモバイルユーザを対象にしており、人気のアプリに広告もしくは不正なコードを挿入したアプリを配信している。こうしたアプリはユーザのプライバシーを脅かし、金銭的損失につながる恐れもある。今回確認されたサードパーティのアプリストアのひとつは、Googleの公式アプリストア「Google Play」を模倣したもので、さまざまな人気のアプリをトロイの木馬化して配信していた。

また、このサードパーティのアプリストアにあるアプリは、広告を表示するコードが追加されていた。こうした広告からの収入は、開発者ではなくサイバー犯罪者の利益となる。広告から送信される情報は、ユーザの電話番号、メールアドレスおよびモバイル端末情報などとなっている。さらに、この広告用モジュールは、モバイル端末上で実行されるコードを遠隔から読み込み、実質的にバックドア型不正プログラムとして機能する可能性があり、ユーザは大きな危険にさらされる。同社では危険なサードパーティのアプリストアも確認しており、このアプリストアだけで500個以上の「OPFAKE」の亜種が提供され、Flappy Birdを装う不正アプリのひとつも、このアプリストアからダウンロードされていた。

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ScanNetSecurityの記事をもっと見る 2014年2月20日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュース

次に読みたい関連記事「マイクロソフト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら