NASのアクセス制限設定の不備で学生などの個人情報が検索可能な状態に(筑波大学)

NASのアクセス制限設定の不備で学生などの個人情報が検索可能な状態に(筑波大学)
筑波大学による発表
筑波大学は2月19日、同大学の学生や教職員などの内部情報が一定期間検索サイトで閲覧可能な状態になっていたことが判明したと発表した。これは1月16日、同大学の事務担当者が検索サイトで内部情報の流出を発見したもの。同担当者はデータ流出が懸念されていた事務室内のNASのケーブルを外し、検索サイトに対してキャッシュデータの削除を要請した。

1月23日に学生より検索サイトで自分の情報が見えているとの申し出があり、その検索情報から事務室で使用しているNASからのデータ流出が他にもあることが確認された。このNASに適切なアクセス制限が施されていなかったことが原因だという。なお、検索サイトのキャッシュデータは1月26日までに削除を確認している。検索サイトで閲覧可能になっていた情報は、約450名の学生や教職員などの内部情報。

元の記事を読む

あわせて読みたい

ScanNetSecurityの記事をもっと見る 2014年2月20日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら