「Office」の海賊版をネットオークションで販売していた中国籍夫婦を送致(ACCS)

「Office」の海賊版をネットオークションで販売していた中国籍夫婦を送致(ACCS)
ACCSによる発表
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は11月12日、滋賀県警生活環境課、組織犯罪対策課と守山署が11月10日、インターネットオークションを悪用し、権利者に無断で複製されたコンピュータソフトを販売していた京都市南区に住む30歳男性および33歳女性の中国籍の無職夫婦を、著作権法違反(海賊版の頒布)の疑いで逮捕し、11日に大津地検へ送致したことを著作権侵害事件として発表した。

夫婦は、2014年6月5日から7月2日までの間、前後8回にわたりマイクロソフトコーポレーションが著作権を有する「Microsoft Office Professional Plus 2013(日本語版)(32bit版)(Microsoft Open Licenseプログラム)」が複製されたDVD-ROM等8枚を、大阪府の男性ほか7名に対し、代金合計17,631円で販売していた。警察によると、夫婦は中国から海賊版や海賊版の製造資材を仕入れ、当初は輸入した海賊版を、その後は自ら海賊版を作成して、インターネットオークションを通じて販売していたという。

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ScanNetSecurityの記事をもっと見る 2014年11月13日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。