SDN・アプリ連携ソリューションとIT資産管理機能などを連携(MOTEX、アライドテレシス)

SDN・アプリ連携ソリューションとIT資産管理機能などを連携(MOTEX、アライドテレシス)
SDN・アプリ連携ソリューションとIT資産管理機能などを連携(MOTEX、アライドテレシス)
エムオーテックス株式会社(MOTEX)とアライドテレシス株式会社は1月12日、両社の製品を連携させたソリューションの提供について合意したと発表した。アライドテレシスのSDN / アプリケーション連携ソリューション「Secure Enterprise SDN(SES)」と、MOTEXのネットワークセキュリティ統合管理ツール「LanScope Cat」を連携し、SDNによるネットワーク運用管理の効率化とネットワークセキュリティの強化を図るソリューションを提供する。

両者の連携により、「LanScope Cat」が管理しているIT資産管理情報をもとにネットワークアクセス制御情報を自動的に設定できる「資産管理情報連携ネットワークアクセス制御プロビジョニング」や、不正操作に該当した端末を任意設定した時間に、業務ネットワーク上より遮断できる「不正操作によるネットワーク利用制限」といったソリューションを展開していくという。両社はこれらの機能・サービスの2016年内での提供を目指し、共同開発・検証を行っていくとしている。

元の記事を読む

あわせて読みたい

ScanNetSecurityの記事をもっと見る 2016年1月13日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。