提携により、SSL暗号化された通信からマルウェアを検出可能に(A10)

A10ネットワークス株式会社(A10)は8月5日、米A10 Networks社とCylance社が、データセンターやクラウド環境において、ユーザとエンドポイントのサイバーセキュリティを改善する最先端の暗号化通信向け脅威防御開発で技術提携したと発表した。このOEM契約はA10と、APT攻撃やマルウェアを人工知能によって能動的に防御するCylance社の両社の技術を結集するもの。

エンドユーザのSSL通信を高速に可視化する機能を提供するA10の「Thunder SSLi」と「Thunder CFW」にCylance社のマルウェア対策エンジン「CylancePROTECT」を組み合わせることにより、通信がSSL暗号化されていても、マルウェア対策とメールのセキュリティ対策を行うことが可能になる。

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ScanNetSecurityの記事をもっと見る 2016年8月5日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。