「Windows 7」や「Office」海賊版を「リカバリーディスク」と説明し販売(ACCS)

社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は11月7日、旭川方面本部生活安全課と旭川中央署が11月2日、インターネットオークションを悪用し、権利者に無断で複製されたコンピュータソフトを販売していた札幌市東区の作業員男性(69歳)を著作権法違反(海賊版の頒布)及び商標法違反の疑いで逮捕し、4日に旭川地検へ送致したことを、著作権侵害事件として発表した。

男性は、2017年4月4日頃から5月16日頃までの間、前後3回にわたり、マイクロソフトコーポレーションが著作権を有する「『Microsoft Windows7 Home Premium SP1』(64ビット版)(日本語版)」および「Microsoft Office Professional Plus 2013(日本語版)(Microsoft Open Licenseプログラム)32bit版」が複製されたDVD-R合計4枚を、購入客3名に対し合計4,000円で販売していた。インターネットオークションで「リカバリーディスク」「プロダクトキーをお持ちの方対象」などと商品を説明し、海賊版を販売していたという。

元の記事を読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ScanNetSecurityの記事をもっと見る 2017年11月8日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「Apple」のニュース

次に読みたい関連記事「Apple」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「Google」のニュース

次に読みたい関連記事「Google」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら