Intelが複数製品のアップデートを公開、対応を呼びかけ(JVN)

独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は3月14日、Intelが複数の製品に対するアップデートを公開したと「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは次の通り。()はアドバイザリの番号。

・Intel CSME, Server Platform Services、Trusted Execution Engine(INTEL-SA-00185)
・Intel Active Management Technology(INTEL-SA-00185)
・Intel Graphics Driver for Windows(INTEL-SA-00189)
・Intel Firmware(INTEL-SA-00191)
・Intel Matrix Storage Manager(INTEL-SA-00216)
・Intel SGX SDK(INTEL-SA-00217)
・Intel USB 3.0 Creator Utility(INTEL-SA-00229)
・Intel Accelerated Storage Manager in RSTe(INTEL-SA-00231)

想定される影響は各脆弱性により異なるが、情報漏えいやDoS、権限昇格などの影響を受ける可能性がある。JVNでは、Intelが提供する情報をもとに最新版へアップデートするよう呼びかけている。

元の記事を読む

あわせて読みたい

ScanNetSecurityの記事をもっと見る 2019年3月15日のIT記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ITニュースアクセスランキング

ITランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。