富士キメラ「NWセキュリティビジネス総覧」2020年度市場規模5,792億円見込

株式会社富士キメラ総研は2月5日、ネットワークセキュリティビジネスの国内市場を調査した結果を「2020 ネットワークセキュリティビジネス調査総覧」市場編/ベンダー編にまとめたと発表した。

同資料の市場編では、セキュリティサービス19品目、セキュリティ製品27品目の市場を分析し、将来を展望、ベンダー編では、セキュリティソリューションベンダー28社、セキュリティツールベンダー18社の分析を行っている。

同調査によると、「Emotet」による大規模な被害や大手企業に対するサイバー攻撃の被害が増加に加え、標的型攻撃やサプライチェーン攻撃など攻撃手法の高度化、複雑化が進んでいることからネットワークセキュリティビジネスの需要は高まり、2020年度の市場は前年度比8.9%増の5,792億円が見込まれる。今後も市場は拡大を続け、2025年度には2019年度比47.8%増の7,864億円と予測している。

また、同調査では注目市場として「EDR(Endpoint Detection and Response)」「NDR(Network Detection and Response)」「CASB(Cloud Access Security Broker)」「DDoS攻撃対策サービス」「セキュリティスコアリングサービス」を挙げ、その市場の2020年度見込みと2025年度予測を掲載している。

元の記事を読む

当時の記事を読む

ScanNetSecurityの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「セキュリティ」に関する記事

「セキュリティ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「セキュリティ」の記事

次に読みたい「セキュリティ」の記事をもっと見る

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年2月10日のIT記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

最新IT業界情報やiPhoneやAndroidやガジェット、話題のサービス、IoT情報、スタートアップにまつわるニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。