中国人にとっては当たり前でも、日本人にとっては耐えられないこと=中国メディア

中国人にとっては当たり前でも、日本人にとっては耐えられないこと=中国メディア
拡大する(全1枚)

 中国のポータルサイト・百度に27日、中国人にとっては当たり前でも、日本人にとってはとても耐えられない事柄を紹介する記事が掲載された。

 記事は、国が変われば文化や習慣、教育スタイルも異なるとし、その国では当たり前な習慣や行動であっても外国人にとっては信じられない、あるいは到底受けられないというケースがしばしば発生すると紹介した上で、日本人にとって耐え難い中国人や中国社会の日常的な習慣を3つ取り上げている。
 
 まず1つめは、頻繁に自動車のクラクションを鳴らすこと。中国の路上を歩いていると、あらゆる場所でクラクションの音を耳にするとし、特に狭い路地を歩く際には必ずと行っていいほどクラクションを鳴らされると紹介。このような状況は日本ではほとんどなく、ドライバーが歩行者に道を譲るのが当たり前になっているため、けたたましくクラクションが鳴らされる中国の環境には多くの日本人が慣れないのだと伝えた。
 
 2つめに挙げたのは、公衆の面前で堂々と鼻をかむことだ。冬場は特に寒さや乾燥などから鼻をかむ機会が増え、中国ではクラクション同様街のあちこちで鼻をかむ音が聞こえてくるのに対し、日本人は人が大勢いる前、あるいは他人の目の前で鼻をかむというのはとても失礼な行為で、鼻をかみたい時はちょっと席を外して他人から見えない、あるいは聞こえないところに移動すべきだと考えていると説明した。
 
 そして3つめは、公共の場で大きな声を出すこと。日本人にとっては駅やバス停、電車やバスの車内など多くの人が集まる場所では静かにしているのが常識であるのに対し、中国ではどんな場所でも賑やかに喋ったり大声を出したりするのが当たり前であるため、日本人が中国を訪れた時には街が騒々しく感じ、中国人観光客が日本を訪れたときには「マナーがなっていない」と感じるのだと伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク