どうして日本の一戸建ては、中国より美しく見えるのか=中国メディア

どうして日本の一戸建ては、中国より美しく見えるのか=中国メディア
拡大する(全1枚)

 中国のポータルサイト・百度に7日、「同じ一戸建てなのに、どうして日本の一戸建ては中国よりきれいに見えるのか」とする記事が掲載された。
 
 記事は、集合住宅が非常に多い中国にあって、農村部では戸建ての建物が数多く残っており、その多くは防犯上の理由から高い壁で囲まれていると紹介。建物の美しさという点だけで言えば、日本の一戸建てがとても参考になるとし、その内部構造はさておき外観においても中国の戸建てとは大きな違いがあるのだと伝えた。
 
 そしてまず、日本の一戸建てはとても開放的であり、中国のように高い壁で覆われることなく、背の低い塀で囲われているのが一般的だと説明。安全に対する意識がないわけではないものの、それ以上に日本の人びとは開放感や見た目の美しさを重視するのだとした。
 
 また、日本の戸建てにも中国同様に門扉から玄関までの間に一定のスペースがあるものの、中国ではこの前庭部分を洗濯物や穀物を干したり、子どもが遊んだりと実用的な使い道をするのに対し、日本ではやはり美意識が重要視されていると指摘。芝生を敷き、その間にレンガや石でアプローチを作り、その両脇に植物を植えるといった設計が好まれていると伝えた。
 
 さらに、最近の日本の戸建てでは門扉がない代わりに煉瓦や石の柱を立てて表札やポストを設置してその家が誰の家であるかをはっきりと示すほか、玄関前には一段高いポーチが設置され、空間がはっきりと分けられているなど、家と外を隔てる「儀式感」も設計の中に盛り込まれていると解説。しかも、ポーチや外階段には車椅子やベビーカーが利用しやすいようにスロープが設けられていることも少なくないのだと紹介している。
 
 記事は、現在新農村づくりが進んでいる中国では今後、農村の居住環境や住宅建設がますます多様化し、安全性や実用性だけではなく美しさを求める動きも広まるだろうと予測。特に農村部には小さい子どもや高齢者が多く住んでおり、より快適で使いやすい居住環境が求められるようになるだろうと伝えた。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク