「死んでやる」男がガソリンかぶる バス大混乱

 雲南省昆明市内の終点に着いた路線バスの車内で28日午後、乗客の男がガソリンをかぶり、自殺をほのめかす騒動があった。男は駆けつけた警察官に拘束されたが、勤務先の給料遅配に激怒して自殺未遂を図ったことが分かった。29日付で南海網が伝えた。

 警察の調べによると、出稼ぎのため同市にやってきた男は工事現場で働いていたが、3カ月も給料が支払われず、自暴自棄になったという。所持金が20元にまで減ったため、このうち19元でガソリンを買い、残りの1元でバスに乗車した。

 乗客は男がガソリンをかぶったことからパニックに陥った。このため運転手が男を説得して、全ての乗客を下車させた。しかし男の興奮は収まらず、運転手は携帯電話で警察に通報した。

 すると直ちに警察が現場に到着。隙をみて警察官がバスに突入し、男を取り押さえた。警察によると、男は約3リットル分のガソリンを車内に持ち込んでいたという。(編集担当:麻田雄二)

【関連記事・情報】
昆明でまたバス爆発 エンジン故障が原因(2008/07/29)
「バスに爆弾仕掛けた」いたずら電話の男が捕まる(2008/07/28)
バス爆破:イスラム組織の関与説 専門家「信じない」(2008/07/28)
社会>事件事故・問題>事件 - サーチナトピックス
地域>西部>雲南 - サーチナトピックス

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2008年7月29日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。