[ロンドン市場]株価持ち直し、円安・ドル高に

 30日のロンドン市場は、欧州株が序盤の下げから次第に値を戻したことや、米株先物が上昇幅を拡大したことで、市場には前日のパニックからの安堵感が広がった。

 為替市場では、円安およびドル高となり、ドル円は105円レベルを回復、ユーロ円は一時151円台乗せ、ポンド円は190円台乗せへと上昇した。

 また、ユーロドルが1.43近辺に軟化、ポンドが1.80台での取引と、ドルが堅調だった。欧州中銀のドル資金供給が継続されたことも株価の安定に寄与したとみられるが、短期金融市場ではドル翌日物金利が11%へと跳ね上がる場面もあり、期末要因での不安定な動きもみられた。市場は、この後の米株式動向に注目していた。
 
◆欧州株下げ渋りで、リスク回避色弱まる

 欧州株が序盤の下げ幅を縮小し、次第にプラス圏へと回復の動きを強めた。為替市場では、円高の動きが一段落した。ロンドン序盤から円売りが先行し、ドル円は105円台乗せと東京市場安値から2円弱の大幅な反発をみせた。また、ユーロ円は一時151円台乗せ、ポンド円は190円台前半へと上昇した。ほぼ前日の米法案否決後の円高の動きを埋め戻した。
 
◆欧州委員会 米法案否決に失望を表明

 欧州委員会は会見で、米法案が否決されたことに失望した、欧州金融当局は、金融市場の安定に注力する、市場混乱の状況を招いた責任は特に米国にある、と表明した。

 また、ゴンザレス・パラモECB専務理事は、各国中銀の協調行動を評価し今後も継続すると述べた。欧州株式市場は、欧州中銀の積極的なドル供給で落ち着いた展開になり、この後のNY市場での当局対応および株価動向に市場の関心が集まっていた。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2008年9月30日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。