[ロンドン市場]株価堅調、円売り優勢に

 28日のロンドン市場は序盤に一気に円売りが強まったあと、反転する激しい展開から取引が始まった。しかし、欧州株や米株価指数先物が次第に上昇幅を拡大したことで、円高圧力が落ち着き、再び円安傾向を強めた。
 
 ドル円はロンドン早朝に94円近辺から一気に96円乗せへと急伸した。売り戻しも強く再び94円台前半まで押し下げられた。米ダウ平均が400ドル近い大幅高となったことや、独DAX指数が一時10%超上昇するなど株式市場が堅調になったことで、次第に円売りが優勢となり、再び95円台に乗せた。
 
 クロス円もドル円と同様の値動きを示した。ユーロ円は序盤に117円乗せから120.50超えまで上昇。117円台半ばへと反落後119円台後半へ買い戻された。ポンド円は146円台から151円台前半での大きな振幅相場だった。
 
 ユーロドルは1.24台後半から1.25台後半でのレンジを形成する動きだった。クロス円の値動きに追随し、東京市場の1.23台半ばから1.24台半ばのレンジから上昇にシフトする形となった。
 
◆ギーブ英中銀副総裁、必要であれば対応する準備

 ギーブ英中銀副総裁がロンドンで講演を行い、世界金融市場は依然として強い緊張下にあり金融当局は必要であれば対応する準備があると発言した。発言直後の市場の反応は薄かったが、為替・株式市場でのネガティブな動きはみられず、積極的な対応姿勢に一定の評価はあったようだ。
 

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2008年10月28日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。