【今日は何の日】1916年:蔡鍔が死去

 1916年11月8日、蔡鍔(さい・がく)が病気のため日本で死去した。

 蔡鍔(1882-1916年)は清末から中華民国初期の軍人、政治家。湖南省邵陽市の人。

 1898年、長沙の時務学堂に入学。変法(国政改革)を唱えた梁啓超に師事し、その思想の影響を受ける。翌年以降、2度にわたり日本に留学し、陸軍士官学校などで軍事学を学ぶ。

 1904年に帰国後、江西、湖南、広西で軍事教官を務め、軍の近代化に取り組む。1911年には雲南省の新軍第19鎮第37協協統に任命される。同年10月10日、武昌蜂起によって「辛亥革命」が勃発すると、昆明で新軍を率いて革命派に呼応し、雲南省を掌握。雲南軍政府が成立すると、雲南都督に任じられた。

 中華民国成立後の1913年、独裁権力をふるう袁世凱の打倒をめざして「第二革命」が起きると、袁世凱によって北京に呼び寄せられ、陸軍部編訳処副総裁という肩書きを与えられて、厳しい監視下に置かれた。

 1915年、袁世凱の帝政運動に反対し、変装して北京を脱出。日本を経由して雲南に戻った。12月、唐継尭らとともに雲南省の独立を宣言すると、袁世凱を討伐するための護国軍を組織し、第一軍総司令となった。護国戦争での勝利後、四川都督となるが、咽頭結核にかかる。治療を受けるため日本に渡ったが、11月8日に福岡大学病院で死去した。享年35歳の若さだった。遺体は湖南省長沙の岳麓山に埋葬された。(編集担当:梅本可奈子)

【関連記事・情報】
【今日は何の日】1944年:毛沢東、ハーレーと会談(2007/11/08)
社会>コラム>今日は何の日 - サーチナトピックス

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2008年11月8日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。