香港不況に 来年はGDPマイナス成長も-中銀香港

 中国銀行(香港)によると、香港の2008年第4四半期(10-12月)の域内総生産(GDP)は前年同期比で1%減になる見通しだ。08年通年のGDP成長率は2.9%の見込み。11月26日付で南方都市報が伝えた。

 同行は「香港は2009年上半期(1-6月)が最も困難な時期となる」と指摘した。ただし世界的な金融危機がさらに悪化すれば、香港経済の後退は09年下半期(7-12月)も続き、09年通年でGDPがマイナス成長に転落する可能性もあるとした。(編集担当:麻田雄二)

【関連記事・情報】
香港 - CNSPHOTO現地報道写真
香港:香港上海匯豊銀行が再び人員削減(2008/11/19)
サブプライム危機が香港襲う 銀行がリストラ実施へ(2008/11/10)
地域>その他>香港 - サーチナトピックス

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2008年11月26日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。