新華社報道:『北国の春』作曲者逝く―遠藤実さん死去

 7日付新華社電は、中国で広く親しまれた日本歌曲『北国の春』の作曲者、遠藤実さんが6日に急性心筋梗塞で死去したと伝えた。

 同電は、遠藤さんを1932年生まれの戦後日本を代表する作曲家と評価し、1949年に歌手を夢見て上京し、街頭で「流しの歌手」として生活費を稼ぎながら作曲を独学した苦労の人と紹介した。

 レコード会社と専属契約を結んでプロの作曲家になってからは500曲以上を発表したと記すとともに、「代表作は『高校三年生』、『北国の春』など」、「単純明快なメロディの中に、そこはかとない郷愁を織り込んだ」、「特に千昌夫さんが歌った『北国の春』は歌詞が中国語に翻訳され、中国でも絶大な人気を得た」などと伝えた。

 なお、『北国の春』は改革開放政策が本格化した1980年代には中国で全国的に親しまれるようになった。それまでの中国では西側諸国の流行歌が紹介されることは少なく、「新しい時代の到来」を実感した人々が、好んで歌うようになった。

 『北国の春』が親しまれた理由としては、「歌い出しの部分が最も高い音なので、曲の途中で高音部が歌えなくなる心配がない。カラオケ向きのメロディ構成だった」、「日本風のメロディで、1オクターブに5つの音を使うペンタトニック(5音音階)だが、日本の伝統邦楽や演歌でみられる半音進行がない。伝統音楽に半音進行がない中国人の音感にも合った」などを挙げることができる。

 中国語の歌詞は日本語をおおむね忠実に訳したもので「詩情あふれる、よい歌詞だ」として愛されたが、日本語教育の専門誌で「誤訳ではないか」との議論が起こったことがある。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

中国ニュースランキング

中国ランキングをもっと見る
お買いものリンク