中国国内の原油価格「高い」2元下がれば「国際基準」

 8日付中国新聞社電によると、中国ではこれまで変動のなかった原油価格の課税制度にまもなく「メス」が入る。原油価格には税制改革により間接的に下落するが、国際原油価格との統合には遠く、現在の国内の原油価格と国際基準との間には依然大きな差がある。

 現在の中国国内の原油価格は国際価格よりも高い。現行の原油価格は1バレル90米ドル(約8395円)だが、現在の国際原油価格はすでに40米ドル(約3731円)ほどにまで下落しているため、1リットルあたり3元(約40.64円)下がれば国際標準に近づく計算だが、下がるのはガソリンが0.8元(約10.84円)、ディーゼル・オイルが0.7元(約9.4円)にとどまる見通し。「国際価格」までには依然2元(約27.1円)ほどの差がある。(編集担当:金田知子)

【関連記事・情報】
原田武夫:代替エネルギーとオバマ氏が密かに仕込むトリック(2008/12/08)
ロジャーズ「商品取引市場、金融危機の影響はこれから」(2008/12/08)
原油週間展望:NY原油は40ドル割れの可能性も(2008/12/08)
NY原油・金:需要減少懸念強まり原油続落(2008/12/06)
経済>産業>石油・エネルギー - サーチナトピックス

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2008年12月8日の中国記事

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。