専門家「?」、考古学調査で「スイス製腕時計」出土―広西

専門家「?」、考古学調査で「スイス製腕時計」出土―広西
広西チワン族自治区防城港市の上思県で11日、明代(1368-1644年)から清代(1644-1912年)に作られたとみられる墓を発掘していたところ、「スイス製」と刻まれた腕時計の模造品が見つかった。<br><br>【関連写真】<br>・<a href="http://photo.searchina.ne.jp/cnsphoto/view.cgi?p=top&d=0100120">広西チワン族自治区</a> - CNSPHOTO現地報道写真<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0318&f=national_0318_004.shtml&pt=large">秦代の大規模遺跡発見、周囲は「盗掘村」で乱闘発生</a>(2008/03/18)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0317&f=national_0317_004.shtml&pt=large">四川で漢代の井戸を発見、大規模遺跡の可能性も指摘</a>(2008/03/17)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0207&f=business_0207_013.shtml&pt=large">張家口と承徳で遼・金・元の遺跡43カ所を確認-河北</a>(2008/02/07)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0626&f=national_0626_016.shtml&pt=large">台湾・故宮で国宝の宴-最後は「紀元前のスイーツ」で</a>(2008/06/26)"(サーチナ&CNSPHOTO)
 14日付新文化報によると、広西チワン族自治区防城港市の上思県で11日、明代(1368-1644年)から清代(1644-1912年)に作られたみられる墓を発掘していたところ、「スイス製」と刻まれた腕時計の模造品が見つかった。

関連写真:そのほかの広西チワン族自治区に関する写真

 同遺跡からは10月下旬、石灰石、砂、米などを練り合わせて作った「三合土」製の大型棺が出土し、広西チワン族自治区では初めての例として注目された。

 「腕時計」が見つかったのは棺室内。棺とは別に、約5キログラムの「三合土」があり、その底部の土を取り除く作業を進めていたところ、泥まみれの状態で見つかった。形状や大きさから、腕時計を模した指輪とみられている。

 腕時計は外部が銅製で、針は10時6分を示している。泥をぬぐうと「スイス製」の文字が浮き出た。

 専門家によると、副葬品と考えるにしても、現地には金属でミニチュア品を作る習慣はない。なにより不思議なのは時代が合わないことで、世界で初めて腕時計が作られたのは1904年で、(1918年説もある。スイス製腕時計が中国に伝わったのは、数十年前とされている。

 墓の年代とは明らかなへだたりがあり、現在のところ、なぜ「腕時計」があったのかは、理解に苦しむ謎という。

 「遺跡から“腕時計”」のニュースは各メディアが注目し、ウェブサイトにも次々に掲載されている。写真は古美術や文化財の専門サイト、中国文物網が掲載した同記事。(編集担当:如月隼人)

【関連記事・情報】
秦代の大規模遺跡発見、周囲は「盗掘村」で乱闘発生(2008/03/18)
「海の盗掘団」摘発、清代の陶磁器の流失「水際阻止」(2005/11/21)
広西チワン族自治区 - CNSPHOTO現地報道写真
社会>文化・科学>文化・芸術 - サーチナトピックス
地域>西部>広西チワン族自治区 - サーチナトピックス

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2008年12月15日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。