金、プラチナは資産保全に有効=田中貴金属工業・池田氏

金、プラチナは資産保全に有効=田中貴金属工業・池田氏
世界的な株式、債券、コモディティなどの暴落を受けて、比較的値動きの安定している金やプラチナに対する個人投資家の関心が高まっているようだ。金、プラチナの魅力とは何か? 田中貴金属工業の池田 収・貴金属部部長に聞いた。(サーチナ&CNSPHOTO)
 世界的な株式、債券、コモディティなどの暴落を受けて、比較的値動きの安定している金やプラチナに対する個人投資家の関心が高まっているようだ。金、プラチナの魅力とは何か? 田中貴金属工業の池田 収・貴金属部部長に聞いた。

――金相場のこれまでの動きと、値動きの特徴について教えてください。

 金相場は1999年9月17日に過去30年間で最安値の917円/グラムを付け、その後、2008年7月15日には25年ぶりの高値3,339円/グラムを記録しました。上昇の理由としては、世界的に過剰流動性が高まり、ヘッジファンドなどの投機資金が大量に流入したことが第一に挙げられます。

 しかし、昨年9月以来の世界金融危機の影響でヘッジファンドによる金の換金売りが進み、金価格は一転して大きく下がりました。とはいえ、原油相場が最高値の3分の1以下まで下がったのに対し、金価格は最高値から約20%しか下げていません。

 一方で、過去の値上がり幅も決して大きくはないのですが、株や債券、他のコモディティに比べて安定的な値動きをするのが金の大きな特徴です。値上がり益を期待するよりも、資産価値を安定的に保つ目的で長期保有するのが金投資のセオリーではないでしょうか。

―― 一方で、プラチナにはどのような値動きの特徴があるのでしょうか?

 世界のプラチナの年間需要は約210トンですが、そのうち約半分は自動車の排ガス浄化触媒として使用されます。従って、その価格は自動車の生産動向に影響されやすく、市場規模が金市場の約20分の1と小さいため、金に比べ値動きが激しいのが特徴です。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2009年1月17日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。