<魁:日本株銘柄レポート>米株反落、方向感乏しく反落

本日の相場と個別銘柄レポート<魁>

 5日、日経平均株価は89円25銭安の7949円65銭と反落。前日回復した8000円を割り込んだ。4日のNYダウが朝高の後、決算悪を嫌気され反落し、121ドル安の7956ドルと8000ドルを割り込んで終ったことを受け、売りが先行した。7900円割れにあと1円と迫ったところで踏みとどまり反転。4日のバラ積み船の運賃指標であるバルチック海運指数が大幅高で12連騰したことを手掛かりに海運株が軒並み高となり、鉄鋼株、非鉄、ゴム、商社株など商品市況関連株が追随買いされ13時前後には8100円にあと7円と迫る場面もあった。ただ、6日発表の米雇用統計懸念からその後は先物安に失速。大引けにかけ下げ幅を拡大した。

 前日4日の米国市場でNYダウは、ディズニーなど企業決算の不振を背景に消費関連株から下げたほか、バンカメの5ドル割れなどが嫌気され100ドル超下げ、8000ドル割れで終った。朝方は、1月米ADP雇用統計で、雇用者の減少幅が12月比で縮小したことから買いが先行、10時発表の1月ISM非製造業景況感指数も予想を上回り12月比好転したことから一時83ドル高水準までみた。

 市場推計の朝寄り付き前の外資系証券注文は買い2240万株、売り1630万株と差し引き610万株の5日ぶり買い越しに転じた。出来高は概算21億8609万株と4日連続で20億株超となったが、売買代金は1兆4655億円と5日連続1.5兆円割れと低水準での商いが続く。値下がり銘柄数は1010(日経平均指数採用銘柄では145)、値上がりは586(同68)、変わらずは120(同12)だった。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2009年2月5日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。