厳しさ増す!自動車セクター銘柄を徹底検証(第2回)

■自動車セクターの投資スタンスを考えるポイント

 株価の動きを参考にして、自動車セクターに対する投資スタンスを考えるうえでのポイントは、

 (1)販売不振の底入れ時期をどのように考えるか
 (2)株価は10年3月期の業績悪化まで織り込んだか
 (3)中期的に淘汰・再編・グループ化が進む可能性

 以上の3点考えた場合、勝ち組(生き残り組)はどこかとなる。(1)については、09年後半からの緩やかな回復を期待する見方もあるが、大勢としては販売低迷が続き、09年通年では08年よりも減少するという見方が多い。こうした見方が広がっていることを前提にすれば、(2)については、10年3月期の業績悪化懸念が、株価にある程度織り込まれていると考えることも可能だろう。(3)については、すでに現在の株価水準が示唆しているとも考えられる。

■世界の自動車・自動車部品メーカーは二極化、淘汰・再編も

 株価の動向は、短期的には為替の動向に影響を受けやすく、株価が低位な銘柄ほど動意づく可能性も考えられる。また4月下旬から5月前半にかけて、決算発表時期に示される10年3月期の業績見通しを材料視して、株価が乱高下する可能性も考えられる。

 中期スタンスで銘柄選択を考えるなら、やはり財務基盤が強固な優良銘柄を中心に考えたい。もちろん、財務基盤が強固で製品競争力が高い優良企業にとっても、一時的な業績悪化は避けられない。しかし販売不振が長期化すればするほど、資金力、商品力、開発力など経営体力の面で、世界の自動車・自動車部品メーカーの二極化、淘汰・再編が進む可能性も高まる。財務基盤が脆弱な企業にとっては、深刻な事態となる可能性が高い。日本の自動車メーカーも、中期的には3~4グループに集約する可能性が高いだろう。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2009年2月6日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら