ドル売り優勢、ドル円は95円台割れ=欧州外為

 欧州時間のドル・円相場はもみ合い後、下落。欧州勢参入後は欧州株の堅調推移や、短期筋からのポジション調整による円売り・ドル買いを受けて95.80円台まで上昇する場面も見られた。しかし、上値を試す動きには至らず、再び95円台半ばまで値を戻した。その後は目新しい材料がない中50銭程度のレンジでもみ合いが続いた。現在はドル売りが優勢となっており2月24日以来となる95円台割れとなっている。

 一方、ユーロ・ドルは堅調。欧州通貨でドル売りが入ったことでじりじりと値を上げ、本日高値となる1.3580ドル台をつけた。また、ポンド・ドルは2月25日以来となる1.44ドル台乗せとなっている。(情報提供:外為どっとコム)


【関連記事・情報】
外為どっとコム - 公式サイト
為替情報・外国為替FX情報ページ - サーチナ・ファイナンス×外為どっとコム
外為市況・外為どっとコム - サーチナトピックス
ドル円、ドル元のここ3ヶ月推移 - 米ドル=ユーロ、米ドル=英ポンドなど
ドル円相場は軟化、95円台半ばで小動き=東京外為(2009/03/19)

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2009年3月19日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら