【韓流】韓流スターのドラマ、ソ・ジソブは良好、サンウ&ヨンハは今ひとつ

 4月のテレビドラマは、ソ・ジソブ、クォン・サンウ、パク・ヨンハら人気韓流スターが、続々と出演する。しかしその結果は、交錯している。ソ・ジソブは好評を得、クォン・サンウとパク・ヨンハは期待はずれの結果となってしまっている。

 SBS『カインとアベル』に出演中のソ・ジソブは、視聴率と演技力の二つを得て絶好調だ。『カインとアベル』は16日18.9%の全国視聴率を記録して、水木ドラマのトップを維持している。中年俳優熱風を巻き起こした『憎くてももう一度』とクォン・サンウの『シンデレラマン』を押さえて、優位に立っている。このような高視聴率の功労者は、断然ソ・ジソブだ。ソ・ジソブは記憶喪失後、焦燥しながら記憶をたどって彷徨う姿、兄の裏切りに怒るカリスマ性溢れる演技、恋人に優しい男の姿など、多様な演技を見せている。特に「恐れと空しさ、不安感が宿ったソ・ジソブの眼差しは、最高の演技だ」と絶賛されている。

 一方、ソ・ジソブと親しい間柄と知られているクォン・サンウとパク・ヨンハの成績は、期待はずれの結果となっている。クォン・サンウとパク・ヨンハのドラマはまだ始まったばかりではあるが、制作段階での期待度と比べると、視聴率があまり伸びていないのが現状だ。

 『シンデレラマン』は15日9.3%の一桁からスタートし、2話では2.6%ダウンした6.7%の全国視聴率に留まった。また昨年SBS『オンエア』でヒットを飛ばしたパク・ヨンハの復帰作も、今ひとつの成績だ。14日放送されたKBS新月火ドラマ『男の物語』は7.2%で、前日の8.6%より1.4%ダウンした。視聴率は不振であるが、「秀作ドラマ」と評価され、パク・ヨンハの演技力に対して賛辞の書き込みが殺到している。(情報提供:innolife.net)

【関連記事・情報】
韓国俳優紹介 - innolife.net
【韓流】シン・ボンソン、ヒュー・ジャックマンの釜山式プロポーズに感激(2009/04/18)
【韓流】日本版“猟奇的な彼女”綾瀬はるか、28日に韓国訪問(2009/04/18)
【韓流】歌謡界に突風、ユンナ3rdアルバムオン・オフラインで1位(2009/04/18)
【韓流】ユ・アイン「チャン・ナラとジュニは美人ではないと自己暗示」(2009/04/18)
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ソ・ジソブのプロフィールを見る
サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ソ・ジソブ」に関する記事

「ソ・ジソブ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ソ・ジソブ」の記事

次に読みたい「ソ・ジソブ」の記事をもっと見る

韓流ニュースランキング

韓流ランキングをもっと見る
お買いものリンク