核開発:「北朝鮮と協力せず」中国政府幹部が明言

 中国国家原子能機構の王毅靭秘書長は4月20日、北京市内で「わが国はこれまでに北朝鮮と協力して核開発を行った事実はない」と明言した。4月20日付で中国国営の新華社通信が伝えた。

 これは王氏が4月20日から3日間の日程で始まった「21世紀に向けたエネルギー担当大臣級会議」で語ったもの。同会議は中国のほか日本、米国、ロシア、フランスなど計68カ国の代表と国際機関の担当者らが参加して実施されている。

 王氏はこの席で「わが国は朝鮮半島の核問題を解決するために対話や交渉といった平和的手段を活用するよう呼びかけてきたし、北朝鮮と協力して核開発を行った事実はない」と述べた。(編集担当:麻田雄二)

【関連記事・情報】
北朝鮮ミサイル発射:なぜ議長声明?中国大使が釈明(2009/04/14)
北朝鮮首相ご満悦:山東省幹部らと会談「うれしい」(2009/03/18)
北朝鮮首相が訪中:ミサイル主要テーマにならない?(2009/03/17)
南北が21日に接触、北朝鮮「重大問題」発表と通告(2009/04/19)
北朝鮮への追加制裁措置が決定、資金流出の制限強化(2009/04/17)

あわせて読みたい

気になるキーワード

サーチナの記事をもっと見る 2009年4月20日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら