マンガ評:川口まどか『死と彼女とぼく』(1)

マンガ評:川口まどか『死と彼女とぼく』(1)
ランキングや巷の評判は一切無視、独断と偏見で昨今のマンガを紹介しまくるという吉田アミの連載コラム『マンガ漂流者(ドリフター) ~新感覚★コミック・ガイド~』。第1回目は、マンガ家・川口まどかの人気シリーズ『死と彼女とぼく』をご紹介。<br><br>【関連写真】<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0507&f=entertainment_0507_022.shtml&pt=large">対談:メディアが取材不可能のチベットへ潜入取材(1)</a>(2009/05/07)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0507&f=entertainment_0507_021.shtml&pt=large">対談:メディアが取材不可能のチベットへ潜入取材(2)</a>(2009/05/07)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0429&f=entertainment_0429_004.shtml&pt=large">サンプラザ中野くん、嶽本野ばらがGWに渋谷で占いトーク</a>(2009/04/29)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0428&f=entertainment_0428_024.shtml&pt=large">対談:報道規制・操作が続くチベットの現状(3)</a>(2009/04/28)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0428&f=entertainment_0428_012.shtml&pt=large">対談:報道規制・操作が続くチベットの現状(1)</a>(2009/04/28)"(サーチナ&CNSPHOTO)
       
 ランキングや巷の評判は一切無視、独断と偏見で昨今のマンガを紹介しまくるという吉田アミの連載コラム『マンガ漂流者(ドリフター) ~新感覚★コミック・ガイド~』。第1回目は、マンガ家・川口まどかの人気シリーズ『死と彼女とぼく』をご紹介。

 20年以上続く人気シリーズ『死と彼女とぼく』

 死者が見える少女・ゆかりと死者や生き物の声が聞こえる少年・ゆかりと、死者たちの交流を描いた『死と彼女とぼく』は、1988年に「週刊少女フレンド」(講談社)で発表されて以来、20年経た今も続く人気シリーズ。単行本はKCサスペンス&ホラーから、『死と彼女とぼく』が全10巻、講談社漫画文庫では5巻にまとめられている。

 2003年からは、タイトルを『死と彼女とぼく ゆかり』と改め、掲載誌を『Kiss』増刊(講談社)に移し、内容も若干大人向けに。シリーズ後半は、優作の両親が主役を務め、前シリーズで明らかにされていなかった謎が解明された。2009年、「Kiss +(プラス)」3月号からは、新章『死と彼女とぼく めぐる』がスタート。主人公は、優作の母・杏子。物語は彼女を死に追いやった黒い死者との戦いがメインになりそうだ。ある意味、少女ホラーマンガ界の『ジョジョの奇妙な冒険』ともいえる作品。

 『死と彼女とぼく』って、どんな作品?

 『死と彼女とぼく』は、ホラーマンガである。「ホラーマンガである」と書いた途端に手に取ることを躊躇したみなさん、逃げちゃダメ! あなたは優れた作品を「ジャンル」なんていう見知らぬ誰かのレッテル貼りで、読む前からジャッジした証拠。この連載では、そういう態度は軽んじられる。マンガを通して、自らの「価値観」「美学」を磨こうではないか。一体、自分がどんな作品が「好き」なのか、純粋に探ろうとするとき、レッテル貼りほど邪魔なものはない。無視してどんどん進んでいこう! ずんずんずんずん・ずずん・ずん!

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能ニュース

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2009年5月15日の韓流記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

韓流の注目俳優、女優の情報掲載中。映画・ドラマ・イベントなど最新情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。