俳優キム・ユンソクが、20年来の友人ソン・ガンホに対して「尊敬している」とコメントし、深い同僚愛を表した。

 キム・ユンソクは18日午前11時、ソウル中区プラザホテル・グランドホールルームで行われた映画『亀が走る』の制作報告会で、「昨年運良く賞をたくさん貰ったが、3大映画祭の中で2つの賞を、ソン・ガンホが私に授賞させてくれた」と話した。

 キム・ユンソクは、「全国各地から数千人もの俳優の卵が、ソウル大学路で演劇をする夢を抱いて来るが、ポスターだけ貼って帰る人がとても多い。その中で最も親しく過ごした2人が授賞式で会うこと自体、とでも感激だった。今年は私が受賞したすべての映画祭で、プレゼンターを務める。今年は私がソン・ガンホに授賞させたい」と付け加えた。

 一方キム・ユンソクは、ソン・ガンホとのライバル関係に対して「とても親しくて、ライバルだとは一度も思ったことがない。ソン・ガンホは大韓民国最高の俳優。最高の監督が常にキャスティングする最高の俳優で、尊敬している」と話した。

 『亀が走る』は、忠清道の田舎の村刑事チョ・ピルソン(キム・ユンソク)と脱走犯ソン・ギテ(チョン・ギョンホ)の追って追われての追撃劇を描いた映画で、6月11日公開予定。(情報提供:innolife.net)

【関連記事・情報】
韓国スターインタビュー - innolife.net
【韓流】カンヌ映画祭13日開幕、韓国映画大挙布陣(2009/05/13)
【韓流】カン・ドンウォン&ハン・イェスル、俳優志望生が選んだ最高の相手役(2009/05/08)
【韓流】『コウモリ』、ロイターなど外信が注目(2009/05/08)
【韓流】キム・ヘスク、『コウモリ』のオファー受けて1週間眠れなかった?(2009/04/26)