日本人と中国人との習慣のちがい-お礼の表現の違い(4)

第37回

3、国際的に習慣は収斂していくのか?

 日本と中国の習慣の話から離れて、国際的にはどのような習慣なのでしょうか?私は、これまで日本と中国以外には、アメリカ、フランス、ロシアで生活(勉強と仕事)をしてきました。またパリでは、OECD(経済開発協力機構)というヨーロッパ、アメリカ、カナダ、メキシコ、トルコ、韓国などが加盟している国際経済の協力機関にある日本政府代表部でも3年間働きました。諸国の習慣がいろいろ異なる中で、外交官の間ではある程度共通した習慣が確立しています。

 それはまず「相互主義」です。これは、たとえば、食事に招待されたら、必ずお礼として同じようなことを行い、お返しする、ということです。特に、外交官は常に頻繁に異動があるため、誰か他の国の外交官に食事を招待されたら、その外交官と自分が異動する前にお返しに食事に招待するように努力します。外交官どおしで別の国でもまた再会するということもありますが、それは非常に珍しいことです。だから外交官の付き合いは長期的視点というよりも、短期的視点で考えざるを得ません。

 また外交官どおしで「お礼状」の習慣もあります。つまり、誰かの家に招待されて夕食をごちそうになったら、翌日にお礼の手紙を出すことです。但し、お礼の手紙を出さない人もいます。

 私が外交官どおしの習慣を紹介したのは、それを見習うべきだということを言いたいからではなく、状況・必要に応じて、ひとつの習慣ができあがり、それは、欧米の習慣を基礎としながらも、その他の習慣が異なるさまざまな国の出身のかなりの人たちにも受け入れられるものであるということの例を挙げたかったからです。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2009年5月19日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。