中国、企業再編所得税に関する新規則実施(下)

 昨年、中国の「企業所得税法」及びその実施条例の施行により、これまでの企業所得税制が一変して、各面において大きな影響が生じている。「企業所得税」に関連する「企業再編に対する企業所得税に関する若干問題の通知」が本年4月30日に、財政部及び国家税務総局から発布され、昨年1月1日に遡って施行されることとされた。中国における企業再編は、この通知に従って所得税を処理しなければならない。中国の企業再編に与える影響は、甚大であることが予想される。今回は、引き続き、この通知の主な内容を紹介したい。

 四、各企業再編に適用する所得税の特別税務処理

 各企業再編に適用する所得税の特別税務処理として、次のように規定している。

 (1)企業の債務再編により認識された課税所得が当該企業の当年の課税所得の50%以上を占める場合には、5納税年度の期間内において、各年度の課税所得に均等に組み入れることができる。

 企業に債権の持分転換取引が生じた場合には、債務の弁済及び出資持分投資の両取引について、債務弁済に関する所得又は損失を暫定的に確認せず、出資持分投資の課税基礎は、原債権の課税基礎をもって確定する。企業の所得税に関するその他の事項は、変更しない。

 (2)前回の三に記載した条件を適合する持分買収の場合には

 a 被買収企業の出資者が買収企業の出資持分を取得した場合の課税基礎は、被買収企業の既存の課税基礎をもって確定する。

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2009年5月19日の中国記事

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。