雲南省の少数部族、「民族」帰属確定・新居に移住

雲南省の少数部族、「民族」帰属確定・新居に移住
17日、中国最後の原始部族と言われる莽人(マン人)が部落から移住、新しい土地での生活を祝う儀式を執り行った。<br><br>【関連写真】<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0612&f=national_0612_030.shtml&pt=large">【中国の検索ワード】露店小町~故郷のために昼夜頑張る苗族の女性が話題に</a>(2009/06/12)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0516&f=national_0516_004.shtml&pt=large">少数民族の幼稚園児に漢語と母語の“双語”教育</a>(2009/05/16)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0416&f=national_0416_023.shtml&pt=large">中国:少数民族自治区域の義務教育普及率向上へ</a>(2009/04/16)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0505&f=column_0505_006.shtml&pt=large">【書評】『深奥的中国 少数民族の暮らしと工芸』</a>(2008/05/05)<br>・<a href="http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0815&f=keyword_0815_002.shtml&pt=large">中国の少数民族~保護策あるが「抑圧」との批判も</a> - 時事用語"(サーチナ&CNSPHOTO)
 雲南省で17日、省内の莽人(マン人)の人々が古い集落から移住し、新しい土地での生活を祝う式典が行なわれた。

関連写真:そのほかのミャオ族に関する写真(54件)

 中国では、行政面で公認された少数民族が55種ある。民族中の支族、または学術的にも帰属が確定できない集団は、「集団名+人」の名で呼ばれる。莽人は2008年4月、プーラン族の一部と認定された。

 統計によると莽人人口は681人。これまでは、雲南省紅河ハニ族イ族自治州にある、金平ミャオ族ヤオ族タイ族自治県で生活していた。わらぶきの家や簡単な小屋に住み、野草や果物などを採って食べる生活を送っていた。

 雲南省政府は1960年代にも生活向上を目的に、政府による大規模な移住が進めたが、新しい環境での生活は混乱し、かえって貧困を招いた。

 前回の反省を踏まえ、雲南省政府は2008年に本格的に部族生活向上のための関連部門を設立。徹底した生活環境改善プロジェクトを行い、安定した生活環境の整備を実現したという。(編集担当:中村卓朗)

【関連記事・情報】
少数民族の幼稚園児に漢語と母語の“双語”教育(2009/05/16)
受験で少数民族と偽る学生の処分強化、優遇政策悪用に喝(2009/05/10)
中国:少数民族自治区域の義務教育普及率向上へ(2009/04/16)
【書評】『深奥的中国 少数民族の暮らしと工芸』(2008/05/05)
中国の少数民族~保護策あるが「抑圧」との批判も - 時事用語

あわせて読みたい

サーチナの記事をもっと見る 2009年6月18日の中国記事

新着トピックス

中国ニュースアクセスランキング

中国ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

中国の政治、経済、外交、事件などをお届け中。